大阪道頓堀のお好み焼専門店 千房-ちぼう-

店長メッセージ

店長として

店長 奥村 恵子

主な業務内容

店舗運営と店舗管理です。主にお客様満足度を上げるための営業に取り組んでおります。そしてお店に関わるお金の管理と、従業員・社員の育成をしております。これらのことは責任の所在は全て私にありますが、これらを取り組むに当たっては私1人の力、考え方だけでは何も叶いませんのでお店の従業員と共に試行錯誤しながら取り組んでおります。

 

 

千房へ入社した理由は?

高校2年生の時に千房でアルバイトを始めました。卒業後の進路を決めかねていた私に、当時の店長にお声をかけていただき入社をすることができました。

 

 

 

 

 

店長になるまでの経緯
(キャリアアップ制度)

アルバイトを経て、高校を卒業してから新入社員なりました。約3年間はベーシック千房で勤務し、その頃から主任・店長という役職に‘かっこいい’という強い憧れがありました。私も全部出来るようになりたい、全部わかるようになりたい、ただその一心でただただがむしゃらに日々の業務に取り組んでいました。周りの先輩や上司の方々は今考えても大変厳しい方達ばかりでしたが、この方々に納得をして貰えるまでは諦めないという気持ちの方が強くありました。主任・店長昇格という形で認めてもらえる様にまで育てて下さり現在の役職につかせていただくことができました。

 

 

 

 

店長としての今後の目標

‘今の時代にはこのやり方は通用しない’‘昔はこうだった’と聞くことがあります。

当社も100年先を考えると、今のうちに変えないといけないことはたくさんありますが、言い換えればどんな小さなことでも誰もが気付きもって挑めば、新しい取り組みへの先駆者になれる可能性があるということです。当たり前のことを当たり前に取り組みながらも、安住してしまっていることに対しては「本当にこれでいいのだろうか」と考えるように取り組み、会社の発展に繋がるようにしていきたいと思います。

 

 

 

働いているスタッフに求めていること&教えていること

仕事をする上で、あまり思い詰めるまで1人で悩まないで欲しいと思っています。悩む側はもちろん真剣に悩んでいるのですが、そうなった時こそ周りにいる老若男女、先輩や上司の方々の話をたくさん素直に聞きいれてみて、考え方を柔軟にもって欲しいと思います。毎日の仕事で接している上司や先輩に対して、どういう印象があるかは人それぞれですがその方達も「人」ですので色んな考え方や色んな経験・失敗・体験をしています。

相談をして話を聞くことで自分自身の視野をもっともっと広げて足元から遠い未来までみることもできるのではないでしょうか。

「人」を最も大切にする会社だからこそ、簡単にその良さや背景を理解することは難しく、また「人」とのことだからこそ奥が深く、悩みに対しての正しい答えはいつもそばにはないと思います。ただ先輩や上司の方々は人生の責任は取れないからこそ、共に働いている今のこの時間に、ある時は父・兄・姉のように一生懸命に接してくださいます。

そういう会社で働いていることに皆さんもゆくゆく気付くことができたら、今働くことができていることにまずは感謝という気持ちがたくさん出てくるのではないでしょうか。

悩んでいたことも、解決とまではいかなくとも見る視点を変えるだけで取り組み方や感じ方が劇的に変わると思います。千房という会社は「共に」という言葉をよく使います。

私は長きに亘ってようやく気付けましたが、それは綺麗ごとではありませんでした。

 

 

SITE MAP